コロンビア サン アグスティン(200g) | 新田珈琲

1/10

コロンビア サン アグスティン(200g)

¥ 1,180 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

味わいの特徴:クリーンかつ香りが豊かで重厚感を楽しめるコロンビアコーヒーです。

香りの特徴:黒糖、チョコレート、オレンジ、洋酒
焙煎度合:フルシティ(高地産で成分が多く複雑な成分を引き出すが、苦味はそこまで強く出ない程度の深めの煎り具合。)

■コロンビア

コロンビアでは、年間を通して国内のどこかでチェリーが収穫されています。地域によって生産環境や栽培方法が異なるので、「コロンビアコーヒー」といっても地域によって色々な風味を楽しむことが出来ます。
コロンビアコーヒーの産地といえば、昔からマニサレス(カルダス県)、アルメニア(キンディオ県)メデリン(アンティオキア県)が有名です。
今でもアンティオキア県はコロンビア有数のコーヒー生産地として知られています。しかし近年急速に都市化が進み、若い世代は重労働のコーヒー栽培から離れてきています。
また昨今の天候異変の影響も大きく受け、生産量を減らしています。

■ウィラ Huila

一方南部では大きな産業が少ない為に農業依存度が高く、特に「コロンビア サン アグスティン SUP」が生産されているウイラ県では栽培面積も生産量も増え、ウイラ県の生産量はコロンビア全体の17.5%にまでなっています(2018年現在)。
生産量が増えたことで安定供給も見込みえるようになり、注目度が上がっています。また赤道に近いため高地での栽培が可能で、古くから品質の高さに注目が集まっていた地区です。

良好な気象条件、土壌、そして豊かな自然の下、高品質(特に酸味と複雑な香り)のコーヒーが作られています。
さらに、このエリアだけで通年での供給が可能なので年間を通してフレッシュな豆を供給することが出来ます。

生産者グループの発達も他県より進んでいます。
ウイラ県には37市町村があり、内35市町村でコーヒー生産がおこなわれています。コーヒー栽培面積は約147 ,000ha で、約100,000の農園があり、約82,000 の生産者がコーヒー生産によって生計をたてています(201 8年現在)。




(※シングルオリジンは、小ロットでの入荷のものもあり、ご注文のタイミングよっては、銘柄の変更の可能性もございますので、ご了承ください。)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (24)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,180 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品