コロンビア エルパライソ農園 ダブルアナエロビック ファーメンテーション(200g)【特別なコーヒーをお探しの方へ】 | 新田珈琲

1/6

コロンビア エルパライソ農園 ダブルアナエロビック ファーメンテーション(200g)【特別なコーヒーをお探しの方へ】

¥ 2,700 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

ダブルアナエロビックファーメンテーション(2回の嫌気性発酵)を用いた精製方法にとてもこだわりのある特別なコーヒーです。

香りの特徴: ストロベリージャム、ピーチ、ライチ、ローズヒップ、ハイビスカス
焙煎度合い:ミディアム~ハイロースト(特徴感の非常に高いコーヒーですので、素材の持ち味を活かすように、焙煎による味つけが出来るだけ無いように意識した焙煎を行っております。)

精選方法:ダブルアナエロビックファーメンテーション (Double anaerobic fermmentation)
収穫時期:4-6月、10-12月
品種 :カスティージョ
園名:El Paraiso(エル・パライソ)
生産地:カウカ県ピエンダモ地区
標高 :1,700m以上
生産者:Diego Samuel Bermudez (ディエゴ・サムエル・ベルムーデス)

Diego Samuel Bermudezは、13年前にコーヒービジネスの魅力に取りつかれ、資金には乏しかったものの自己実現への熱意をもってコーヒーづくりに取り組んできました。コロンビアのアナエロビックの第一人者と呼ばれています。(※2018年 コロンビアCOE ダブルアナエロビックファーメンテーションにて精選したロットで10位入賞。)今日ではポストハーベストでの味づくりを徹底的に研究し、嫌気性発酵や独特の乾燥方法を用いて新たなフレーバーを創り上げ、年々その名を世界に拡げていっております。

■収穫後の味づくりのこだわり

収穫後のプロセスは標高1,930mに位置するEl Paraiso農園で行っています。嫌気性発酵や乾燥方法に工夫を加え、異なる風味を作り出しています。

チェリーの状態で48時間、18度の温度下で嫌気性発酵を実施し、脱果肉後96時間、19度の温度下で再度嫌気性発酵しています。

水洗工程では、初めに40度のお湯で洗い、その後12度の水で再度洗っています。乾燥工程では、温度35度、湿度25度の環境下で34時間乾燥させ、水分値11%にしています。



(※シングルオリジンは、小ロットでの入荷のものもあり、ご注文のタイミングよっては、銘柄の変更の可能性もございますので、ご了承ください。)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (24)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 2,700 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品